12/26 名古屋港 ヒイカ釣り

2014年は全国的にアオリ不漁の年だったらしく、僕らにもあまりアオリが釣れず、イカ釣りたい欲が暴発寸前の1年でした。

そんな中、ヒイカは当たり年との情報を得たので、近所に釣りに行ってきました。

タダ巻きで釣れる

釣り場に到着し、友人の一人が早速2ハイGET。底に沈めてからゆっくりタダ巻きで食うとのことで、まねしてみると、確かにぽつぽつ釣れます。ただ、モノフィラ0.3号+ソリッドのULメバルロッドでも、当たりが手元まで伝わりません。知らない間に釣れちゃった感ありありです。IMG_20141227_213211

完全に中層を巻いている時でも、何かに当たるというか触る感じがたまにあります。

これはもしや・・・?

陸ティップランで爆釣

そんな中、ステイの代わりにロッドを超ゆっくり煽っていくと、ティップが「プルン!」と少し戻ることに気付き、そのタイミングで合わせを入れると、ボコボコ釣れ出しました。

段々慣れてきて、触腕一本で釣れてくることも多々あり、

IMG_20141228_003334結局、二人で51匹釣れ、釣れたイカは友人に全部上げて満足しました。

ヒイカエギングは奥が深い

途中、潮流でエギが沈まなくなったのでシンカーを足したり抜いたりして調節していたのですが、その日はシンカー3g以上にするとフォールが速すぎるのか全く食わなくなったり、やたらと釣れる当たりエギがあったり、しゃくり方でも釣れ具合が変わったり等、意外と奥が深い釣りで驚きました。

真冬の夜に防寒着を着こんでじっくり釣るのも楽しく、おすすめです。

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください