9/18 バスボートで琵琶湖で名古屋釣法

久しぶりに、琵琶湖の南湖でバス釣りをしてきました。しかも、船舶免許を取ってから初めての操船です。

妻の友人の旦那さんが、大のバス釣り好きらしく、僕らの結婚式で

「前回めちゃくちゃ釣れたよ!一緒に行こう!!」

と誘ってもらえたため、久々にバス釣りに行くことになりました。
なんでも、50アップ4本、他多数だったとのことです。これは期待できそう。

そんなわけで、三連休最終日の月曜でしたが、AM 3:00に出発です。

5時半ごろ、草津のレイクマリーナに到着。眠い。。4人で2艇の19フィートのバスボートでやるようです。

いつもは友人に操船を任せて殿様フィッシングの僕ですが、なんと僕、船舶2級を取ってから、初の操船でした。10年ぶり位にエレキを踏みます。エレキ下ろしたまま走って、水をがっつり被ったりもしたりしなかったり。

とりあえず、クロックスはフットコンしやすいですね。
靴底が軟らかいので、微妙な調整もしやすく、すぐに自由自在に船を操れるようになりました。

秋なので、小物でもいいから数釣りがしたいと思い、ウィードエリアで、シャッドや小型のペンシルベイトを投げまくると、

よく食ってきたな~というサイズの、ブルーギルです。よしよし、坊主は免れた。

その後、赤野井周辺のウィードエリアで小さいトップを投げていると、どでかいバスが出たのですが、一瞬でラインブレイク。ギル狙いの4lbラインではいかんと思い、50アップ用のタックルに変更。でも、その後中くらいのバスと、更に小さいバスが出ただけで、乗らず。

友人もここまで坊主で、今日はかなり渋いようです。

船上で寝たいのはやまやまですが、せっかくのバスボートなので、色々やってみることに。すると、以下のことがわかってきました。

・今日はめちゃくちゃ渋い日らしい
・ウィードが水面下数十センチのところまで来ているところで、トップだと出る
・ベイトが見えない。子バスもギルもいない。。

そうこうしているうちに、日が昇りきってしまい、トップでも出なくなり、さーどうしようと思ったので、名古屋釣法で、ウィードの面と水面の間を通していると、
釣れました!スタッド5インチのプロブルー+1/32ozジグヘッドです。

55㎝くらい。
この日は、4人で2艇で行って、50アップはこの一匹だけでした。
しかし、朝一でトップでかけたバスは、これより遥かに重かった気が。。。

友人もセンコー4インチのステイで釣り、

タイムアップです。

あたりは結構あったような気がするのですが、いかんせんバス釣りが久々すぎて、あたりをうまくとることができませんでした。
ワームは結構噛まれていたので、今時の高感度な竿を使えば、もう何匹かは釣れていたかもです。

秋に名古屋釣法で50アップを釣ったのは初めてですが、朝のうちはトップ、昼以降は名古屋釣法が、僕の性にあってるみたいです。

そんなわけで、琵琶湖行ってきたよ~という話を他の友人にしたところ、彼は最近、琵琶湖、大江川あたりのおかっぱりでガンガン釣っているとのことなので、秋のうちに同行したいです。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 飛島マリン
二級ボート免許が合格まで8万円(税別)!!

名古屋から近くて便利なマリーナで、船舶免許を更新しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)