バス釣り初心者でも簡単に50アップが釣れる脅威の名古屋釣法

いつも釣りに行く時は、バス釣りがあまり好きではない友人にいつも車を出してもらっていることもあり、中々バス釣りに行けなかった中での久々のバス釣りです。

・友人A←バス釣り初心者。食べられない魚にはあまり興味が無い

・友人B←名古屋釣法をあまり信用していない

今回はこの二人との釣行です。

いきなり釣れる

23時頃に到着し、夜釣りはやっぱり怖いなあと竿を振っていると、開始5分で45cmのプリスポーンのメスが釣れました。

IMG_20150417_233232こいつはランディングに手間取り歯でライン(ナイロン2号)を切られたんだけど、入水して何とか捕獲成功した、奇跡の一匹でした。テンパり過ぎて草むらで写真を取らなかった程です。

今日はいつもより簡単に釣れる!?

IMG_20150417_233246

 

てなわけで、名古屋釣法をしてる自分だけ爆釣。

スタッドに変えた途端、バス釣り初心者の友人も爆釣

IMG_20150418_021559

その後も40cm前後はぼちぼち釣れたのですが、自分ばかり釣っていても面白くないので、友人(バス好き)に状況を聞いてみると、チャターやクランクを引いても全然ダメとのこと。この時期はやはり名古屋釣法が圧倒的に強いのかな~と思い、友人(バス初心者)にスタッドをリグってあげて、釣り方を伝授すると、やはり五分後に

「うわぁぁぁぁぁあああ!!!」

「でかいーー!!・・・ばれた」

と雄たけびがこだましていました。それを聞きつけ、チャターを使っていた友人もスタッドにチェンジ。そうこうしているうちに、バス初心者の友人が、

IMG_20150418_041700

47cmをGET。バス嫌いな彼が、バス釣りにはまった瞬間です。

「いや~、バス釣りいいね~!!」とご満悦です。

結局二人ともガンガン掛けてばらしつつ釣りあげて、大満足の様子でした。バス釣りが嫌いだった友人は47,46cm含む計6匹キャッチ。僕も久々のバス釣りでしたが4匹キャッチ、ばらし多数でした。釣れ続けるので誰も眠い、帰りたいと言い出さないまま、朝を迎えて終了です。

まとめ

僕と友人一人が完全に50cm超えてそうなバスをばらしたものの、釣れたバスのサイズから、プリスポーンの第一陣は既に終わった後だと思いました。来年はもう少し早い時期にトライしてみる予定です。

先週は雨が続いたけど思ったより濁りは入っていませんでした。また、まだ寒いのか、エビや小魚等のベイトがハイシーズンに比べてとても少なかったのも印象的でした。表層~中層でヒットがあったけど、トップには出ないという感じでした。夜だけど、風がやむとバスが警戒して沈むのか、ヒットするレンジに若干変化があったのも印象的でした。

プレッシャーが高いのか、ショートバイトというか、どうにもならない小さいあたりも多かったです。この時期のいつも通り、明確なあたりは無く、ビニール袋を引っかけた様な重みを感じたら合わせるという感じでした。ちなみに友人曰く、PEラインを使っていても、明確なあたりを感じることは無かったそうです。

友人二人の釣果を見て、

  • スタッド5インチ
  • 春の夜釣り
  • 50アップの実績多数のメジャースポット

この3点を満たせば、誰にでも簡単に春の大型を手にすることができると確信しました。

後日

子バス大好きセコ釣り師のS君を誘って、名古屋釣法を薦めてみると、

IMG_20150420_222407

いきなりの50up、その後も50弱を追加し、僕もIMG_20150420_221813

 

なんとかまあまあのやつを釣りあげ、この日は退散。

しばらくはラッシュが続きそうです。スタッドとジグヘッドを買いに、おおのに走らねば。

名古屋釣法の詳しい説明はこちら

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 飛島マリン
二級ボート免許が合格まで8万円(税別)!!

名古屋から近くて便利なマリーナで、船舶免許を更新しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)